【詐欺・不正利用】メルカリで購入した中古品が、オンラインショッピングサイトから新品で届いた話

フリマアプリ

この記事では、管理人が実際に「メルカリの取引で受けた詐欺被害」と「キャンセル・返金のプロセス」について記載します。

メルカリで中古商品を購入

事の発端は2021年11月末。

メルカリにて5000〜6000円の価格帯の家電(電気ケトル)を購入しました。

画像はイメージです。

私が購入した商品は新品だと通常7000〜8000円程で売られているものでしたが、メルカリで出品されていた同じ商品は「未使用に近い」状態にも関わらず、定価よりも30%ほど安値で購入できました。

ただし、気になる点が2つありました。

  1. 商品の発送方法が「普通郵便」と記載されていたこと。
  2. 出品者の過去の評価が1つしかなく、本人確認もされていないこと。

私は疑問に思いました。なぜ、重量やサイズが比較的大きな家電製品を、「普通郵便」であえて発送するのだろうかと。それに加え、出品者の情報が乏しいことに多少不安を感じました。

しかし、これまで800件弱の取引をメルカリで行なってきた私は、大きなトラブルに巻き込まれたこともなかったため、完全に油断しそのままポチッと購入ボタンを押してしまいました。

なぜか新品の商品がオンラインショッピングサイトから届いた・・・

発送の日程は「4〜7日」となっており、注文したことも忘れた購入後7〜8日目あたりに突然、「ヴィレッジヴァンガードオンライン」から身に覚えのないダンボール箱が1つ届きました。発送方法は「普通郵便」ではなく、「元払いゆうパック」でした。

この時私は「こんなの頼んだっけ?」と思いながらも、数日前に、以前注文したYouTuberの「おろちんゆー」さんとヴィレヴァンのコラボグッズを、偶然にも「ヴィレッジヴァンガードオンライン」から全く同じサイズ感かつ同じデザインのダンボールで受け取っていたことから、不審に思いつつも「全部届いてたはずだけど、コラボグッズ関連でまた何か届いたのかな?」と適当に考えながら配達員の方から受け取ってしまいました。玄関から部屋へ戻り、箱の中を開けました。

すると、

メルカリで中古品として購入したはずの電気ケトルが新品の状態で詰め込まれており、さらに「納品書」も同封されていたのです。

「納品書」の購入者欄には私の氏名が、電話番号には身に覚えのない番号が記載されていました。備考欄に「コンビニ後払い決済をお選びいただいたお客様へ。請求書は別送となり、商品到着より約1週間後に届きます。お支払い期限は14日間となります。」と記載がありました。

それを見た時私は最初、「後払い決済詐欺」ではないかと考えました。つまり商品受取後に通常通りメルカリで受取評価し、出品者に購入代金が支払われてしまった後で後払い請求書が届き、二重請求を受けるということです。

とりあえず事実確認を終えるまで、メルカリの「受取評価」は一旦保留することにしました。

急いでネットで情報収集しましたが、実際に約1年前頃から「大手家電量販店のネット通販等の後払い決済を悪用したメルカリでの詐欺被害」が急増している旨の記事をいくつか見かけました。また、同時に色々と調べていくうちに、Google画像検索で「モバオク」というサイトにメルカリの商品ページに掲載されていた写真と、全く同じ写真が掲載されていることも確認しました。つまり出品者が、手元に無い商品を中古品に見せかけるために、モバオクに掲載されていた写真をメルカリに無断転載していた、ということです。

「後払い決済詐欺」は気付きにくい手法のため、若者から中高年の方まで幅広い年代の方が被害に遭われているようでした。自分もおろちんゆーさんの件がなかったら、あまり深く考えずに受け取り評価してしまっていたかもしれません。たまたま、届いた箱が数日前に受け取ったばかりの見覚えのあるヴィレッジヴァンガードのダンボールだったからこそ、めちゃくちゃ不審に思い、注意深く中身を確認することができたのだと思います。

事実確認(問い合わせ)の開始

私は早速、ヴィレッジヴァンガードオンラインの問い合わせ窓口に電話をかけました。商品が届いたのが土曜日で窓口がお休みだったため、実際には週明けの月曜日に問い合わせしました。2日間空いてしまいましたが、メルカリの出品者には一切取引メッセージを送らず、受取評価もしなかったです。)また同時に、荷物が届いたその日にメルカリ事務局にも問い合わせしました。(メルカリは電話窓口を設置しておらず、メッセージ送信のみです。)

ですが、この時点で予想もしていなかった出来事が起きました。

メルカリへの問い合わせ後、実店舗での買い物中にメルペイ残高払いにて店舗支払いをしようとしたところ、なぜか支払いが出来ないように制限をかけられており、結局メルペイ決済することがができませんでした。後日気が付いたのですが「いいね」、「購入」、「出品」、「振込申請」等ほぼ全ての機能について利用制限をかけられていました。

メルペイ払いやその他の機能制限に関する事前連絡が一切なかったために、お店のレジに行ってから急に使えなくなっていることを知りました。その上、購入した商品に関する問い合わせに対する返信も一切なかったため戸惑いました。この件に関しては後日別の記事でまとめようと思っています。

話が外れましたが、ヴィレッジヴァンガードさんに電話した際、購入データ等を確認して頂いたところ驚愕の事実が発覚しました。

代金が支払われておらず後払いになっているのではないかと勘繰っていた私でしたが、実際には代金が既にクレジットカード決済にて支払われていました。

一瞬「・・・?」と頭がフリーズしました。なぜなら、定価から30%ほど安い価格で出品していた人物が、赤字覚悟でわざわざ新品の商品を購入しているとは到底思えなかったからです。メルカリ経由で購入したことや私の正規のヴィレヴァンアカウントの情報を問い合わせ窓口の方に伝えたところ、更なる調査が必要とのことで担当の方から後ほどメールで連絡をもらえることになりました。

電話を切った後、冷静になってから仮説を考えました。そして「メルカリ出品者が何らかの方法で第三者のクレジットカード情報を不正入手し、ヴィレッジヴァンガードオンラインにて、私の氏名・住所を勝手に入力しそのカードで不正購入したのではないか」と推測しました。私の氏名・住所についてはメルカリで発送方法を「普通郵便」にしたことで出品者に通知されています。

第三者のクレジットカード不正利用発覚

ヴィレッジヴァンガード、メルカリ事務局、双方からの返信を待っている間受取評価をしていなかったため、痺れを切らした出品者が「商品は届きましたか?」というような内容のメッセージをカタコトな日本語で送ってきました。何度かメッセージのやり取りをした結果、日本人ではないだろうことが分かりました。(やり取りは全て日本語でしたが…) 私は出品者にありのままの状況を説明しましたが、相手は「納品書は気にしなくていいから安心して受取評価してください」というような内容の連絡をしてきました。ので、一旦スルーしました。

このやりとりのすぐに後に、ヴィレッジヴァンガードオンラインから連絡が入りました。

結局、当日中にヴィレッジヴァンガードさんから調査結果について再度のご連絡をいただき、「第三者のクレジットカードが不正利用されて購入された」ことが確認できました。

私は出品者に対し激怒しました。出品者が私の個人情報を勝手に悪用し、私自身が第三者のクレジットカードを不正利用したような外観を作出したからです。つまり簡単に言えば、私が犯罪者として勘違いされかねない状況です。

管理人怒りの雄叫び

メルカリ事務局へキャンセル申請(出品者との交渉不成立)

上記の連絡を受けた時、ヴィレヴァンさんからの提案「メルカリでの取引キャンセル後、着払いにて返送」することになりました。その際、返送期限等は設けず「いつでも構わないので、キャンセルができてからで返送してください」とご配慮いただきました。実際に私の他にも別件で同様のケースが発生しており、その方は出品者との話し合いで合意キャンセルしたようだったので、

出品者と交渉して合意キャンセルを目指すことになりました(合意キャンセルできるかは疑問でしたが…)。

このヴィレヴァンさん側とのやり取りは1日で済みました。しかし、メルカリ事務局にいくら問い合わせを送っても一向に返信が来ませんでした。その間同じ出品者の過去に売り切れた商品がなぜか出品画面から数品消えていたので、他にも私と同じような被害者が数人いるような状況だったのだと思います。(あくまで私の推測ですが、恐らくカード会社等から連絡を受けたメルカリ事務局が、強制キャンセル等を行なっていたのではないかと思います。)いずれも出品者の商品ページの最終更新日から、全て14日経過する前に削除されていたので、出品者自らが削除したとは考えにくいです。他方で、私の購入した商品だけが依然として中々キャンセルされず、出品画面にずっと残り続けていました。(恐らく“購入者本人が“取引について問い合わせたという状況だったので、真偽を確かめるのに時間がかかり、対応を後回しにされた可能性があると推測しています。

私はメルカリの取引ナビにて、「取引中の商品について、第三者のクレジットカードが不正利用されて購入されたことが確認できたので、キャンセルしたい」と強く主張しました。出品者は言葉では平謝りしてきましたが全く反省していないのか、「キャンセルは返品手続きが完了したら対応するので、まずは受取評価してください」というような内容で再び評価を催促してきました。

本来であれば何かトラブルが発生した場合、購入者が出品者に返品した後で取引をキャンセルすることが通例なので、恐らく「原則通りの対応をするよ」という苦し紛れの言い訳だったと思います。しかし、そもそもキャンセルするのであれば「受取評価」してはいけないし、返品後キャンセル云々〜の話も、出品者本人が発送した場合かつ出品者本人に対して返品する場合に限った話であって、この件に関しては全く当てはまりません。

結果的には相手がキャンセル拒否したことで交渉が決裂し、事務局宛に私から「キャンセル申請」を行いました。

(一度キャンセル申請すると、取引相手とは以後メッセージのやりとりが一切できなくなります。)

キャンセル・返品手続きの完了

その後しばらく待ってもメルカリ事務局から問い合わせに対する返信がなかったので、数回問い合わせメッセージを送りました。メルカリのシステム上一旦キャンセル申請してしまうと、事務局がキャンセル可否を判断するまで取引を進行することができない仕様になっているらしく、キャンセル手続きも進まず返金もされない宙に浮いたような状況が3週間ほど続きました。(ヴィレヴァンさんには迅速誠実丁寧な対応をして頂いたので、この3週間でメルカリ事務局に対する不信感が生まれてしまいました。)

いくら事務局が多忙とはいえ、「第三者のカードの不正利用」、「購入者に対する詐欺未遂」が起きているこの状況下にも関わらず無言放置されていることにさすがに不安を覚えました。しかも利用制限までされてしまっていたので、自主的に警察への相談も考え始めた頃、

突然「事務局キャンセルされ、返金対応が完了した」という旨の自動メッセージがメルカリから届きました。ただしキャンセル完了にも関わらず、利用制限が解除されることはありませんでした。

(利用制限解除については今後、別途記事にする予定です。)

この後ヴィレッジヴァンガードさんと連絡を取り、ようやく着払い返品手続きに着手しました。指示通り返送し、

これにて

  1. キャンセル
  2. 返金
  3. 返品

全てが完了しました。

結論(教訓)

  1. 【購入前】メルカリの商品の発送方法が「普通郵便 (匿名配送以外)」 かつ「出品者の評価数が極端に少なく」、「本人確認がされていない」場合は警戒すべし。(匿名配送に変更できるかコメントで質問すべき。無理なら諦めた方が無難)
  2. 【商品受取前】もしも購入してしまった場合、身に覚えのない荷物は配達時点で受取拒否すべし。
  3. 【評価前】荷物を受け取ってしまった場合、絶対に受取評価してはいけない。
  4. 【評価前】オンラインショッピングサイトとメルカリ事務局双方へ早急に問い合わせる。
  5. 【評価前】オンラインショッピングサイトと返品対応等について相談。相談後、メルカリではキャンセル手続き等を行う。
  6. 【評価前】出品者に何を言われようと、絶対に受取評価に応じてはいけない。(もの凄く大事なので、2回言いました。)

※受取評価してしまった場合のキャンセル・返金補償等の詳細については不明です(メルカリ公式情報サイト「メルカリびより」参照)。今回の記事では明言を避けます。どちらにせよ、メルカリ事務局やオンラインショッピングサイトに個別に相談する必要があると思われます(警察への届出が必要なケースもあるかもしれません)。

以上、メルカリで中古品を購入した結果、新品を購入する以上に迷惑を被った管理人ですが、メルカリというフリマアプリ自体はとても良いプラットフォームだと思うので、個人的には今後も使用継続していくつもりです。私を含めこの記事を読んで下さったメルカリユーザーの皆さまが、安全にメルカリでの買い物を楽しめるよう、悪意あるユーザーに対する監視やセーフティーネットが強化されていくことを願っています。

フリマアプリメルカリ
アルパカとむをフォローする
管理人
アルパカとむ

アルパカ似🦙の旦那くん(とむと勝手に呼んでいる)
と暮らす、20代日本人の気まぐれ雑記ブログです。

ブログ名はアルパカ似🦙の旦那「とむ」に由来します。ちなみに本人にはブログを見せずひっそりとやっています。笑

ブログのテーマは「日常の中で感じた非日常」。
「普段の生活での困り事」や「楽しかった世界の場所」、「美味しいレストラン」、「コスパアイテム」等が中心ですが、雑記ブログのため、管理人の興味の範囲内にある限り何でもありです。

新しい環境に身を置いたので、新しいこと(ブログ)にチャレンジ中です。
飽き性な自分のことを全く信用できませんが、とりあえず夢は小さく「継続」を目標にしています🌏٩( ᐛ )و☀hahaha

現在は一時的にタイ🇹🇭に住んでいますが、1年のうち数ヶ月は日本🇯🇵に出没します。タイ語が全く喋れないので、英語とジェスチャーとGoogle翻訳の発音機能を使うことで日々を乗り切っています。

仕事との兼業時代を含め、法律系の資格の勉強をかれこれ3〜4年くらい続けています。タイ語そっちのけで日本の法律漬けの日々です。そろそろこの呪縛から解放されたいです。一応タイ語を勉強したいという意欲だけはあります。

マンガ、アニメ大好きです!特に、進撃とドクスト!!もうファン過ぎて....ファンファンになってるわ♡

アルパカとむをフォローする
アルパかとむブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました